賃貸アパートのデメリット

賃貸アパートは将来的に自分のものにならない

賃貸アパートのデメリットとしてよく言われるのが、将来的に自分のものにならない点です。ローンを組んで一戸建て住宅を購入する方法なら、何十年後かには自分の資産となります。しかし、賃貸アパートの場合は、何十年住もうが、基本的にその物件を手に入れることはできません。ですので、何十年後に家を一軒買えるくらい賃貸アパートの家賃を支払っていて後悔をしたくないなら、一戸建ての購入をした方が良い場合も多いです。特に、賃貸アパートはこのデメリットが大きいので、その点を理解して住むようにしていきましょう。また、金融機関からお金を借りる時に、賃貸アパートは持ち家を持っている人に比べると、評価が下がり借りにくい場合もあります。

隣人を気にしなければいけない

賃貸アパートのもう一つのデメリットは、一戸建てと比べ、隣人を気にしなければいけないということです。賃貸アパートでは、壁一枚で分けている所も多く、隣人の迷惑にならないように気を使ったりする事もあります。特に、騒音の問題が出てくる事が多いです。そのため、賃貸アパートでは、気苦労がつきものになってきます。 また、一階に住んでいる方は、二階に住んでいる方の足音や生活音が聞こえてストレスになる事もあります。自分が気を使っていても、隣人が気を使ってくれるとは限りませんので、そこでトラブルが起きたり困ったりするのです。隣人トラブルが嫌で引っ越しをされる方もいますので、賃貸アパートに住む方は、物件そのものの他に、隣人にも気を使っていきましょう。