賃貸一戸建てのメリット

購入するよりも資金的なメリットが大きい

一戸建てに住みたいけど購入するとなると固定資産税や修繕費など様々な費用が必要になります。また、仕事によっては転勤が多く引っ越しのリスクを考えなければならないこともあるでしょう。賃貸であればこれらのリスクを全て解消することが出来るというのが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。 固定資産税などは物件の価格にもよりますが、高額な物件になると家賃が不要と言ってもかなりの負担になってしまいます。さらに、家は大切に住んでいても必ず外壁や屋根などが経年劣化し修繕する必要が出てきますし、災害などでトラブルが生じる可能性もあります。賃貸であればこれらの心配は基本的に一切不要となりますので、気軽に一戸建てに住むことが出来ます。

広い家に住める可能性が高く自由度も高い

賃貸の場合、アパートやマンションという選択肢を取ることも出来ますが、一戸建ての場合同じ家賃であればアパートやマンションよりも広い家に住める可能性が高いです。もちろん、これは賃貸物件の場所にも左右されますが基本的な傾向としては価格に対しての広さは一戸建てに軍配が上がります。 また、アパートやマンションはどうしても共同住宅なので共通フロアの利用ルールなどが厳しく自由度が低くなります。しかし、一戸建てなら敷地内であれば基本的に自由です。もちろん、近所迷惑になるようなことは避けなければなりませんが、騒音に関しても共同住宅と比べて建物自体が分離されている一戸建てであればよほどのことがない限り迷惑になるような音漏れなどはありません。